社団法人世界音楽合唱チャリティー協会とは?

世界音楽合唱チャリティー協会は、世界中の人々と、世界で音楽や特に合唱を通して文化交流をしてチャリティー活動を行う、明確な理念と目的を持って立ち上がった協会です。そして、その第一プロジェクトが「UTAU-DAIKU in ウィーン」です。

舞台は、世界のクラッシックを代表する音楽の殿堂でもある楽友協会です。日本では、元旦にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団がニューイヤーコンサートを開催し、世界に中継される会場として知られているところです。
ウィーンという場所を私たちはしっかりとした理由を持って選んでいます。もちろん世界的な音楽の都ウィーンとして知られていますが、それだけではなく、ベートーヴェンがDAIKUを作曲した場所でもあります。また、それだけではなくウィーンという町は一千年以上前(ハプスブルグ帝国時代以前)から ヨーロッパ中からいろんな人々が集まる真の国際交流都市です。ここで「UTAU-DAIKU in ウィーン」を立ち上げることによって、日本とオーストリア、将来的にはヨーロッパ各国との人々との交流を実現したいと思っております。

さらに、世界で最も有名な天使の歌声―ウィーン少年合唱団、ウィーンで高い評価を得ておりますカンマーオーケストラ、またオーストリアから二名、日本から二名の世界的トップクラスのソリストの方々がこの演奏会の理念に賛同してくださり、参加してくださいます。

ただし、この企画で重要なのはプロの音楽家の方々だけが参加するのではないということです。日本国内から、また、オーストリアからもプロではないアマチュアの合唱団の方々が参加される事になっております。プロとアマチュア、様々な地域から参加してくださる皆さんで特別な空間を作り上げたい、更には、本当の意味での音楽を通しての国際文化交流をここで実現させていきたいと考えております。

そしてもう一つ重要なのは、「人類が音楽を愛して武器ではなく楽器を手に取れば、戦争はおきない」という言葉です。このような音楽の企画を通して平和貢献することができる、これも私たちが考えている一つの理念の重要なポイントでもあります。少しでも力になるのであれば、このような企画を今後も、二回、三回、そして四回と続けていくことにより、実現していきたいと思っております。

これからもこのような企画を通して、真の意味での国際交流を実現し、平和に貢献し、そして日本の友を増やしていきたいと考えております。これをぜひ皆様と共に実現していければ幸いです。